自分でできる夏バテ防止のちょっとした一手間

昭和の時代は比較的過ごしやすかった日本の夏ですが、最近は地球温暖化の影響からか、亜熱帯化が進んでいるのでしょうか。

平成に入ってからというもの、熱帯地域や東南アジアのような真夏日が連日、続いてますよね。

高齢者や子供達の多くが熱中症になり、毎日仕事を頑張る現役世代といわれる男女もまた夏バテに苦しんでいます。

連日連夜、真夏日と熱帯夜にさらされる今だからこそ、夏バテ防止の方法を考えましょう。

月並みな案ですが、夏バテ対策用のメニューを食べるのがオススメです。

豚肉やトマト、ウナギにゴーヤ、ニンニク、梅干し、ゴマ、トロロ、昆布、サーモンにマグロ、こういった食材をメインにしたランチと夕食を意識的に食べれば、良い夏バテ防止策になります。

最近では大手の外食チェーン店やコンビニエンスストアが、そういった夏の嬉しいメニューをたくさん用意してくれていますよね。私も今の時期選ぶのはそういったものばかりです。

料理が苦手な方々でも、お店に並ぶ限定メニューや季節の品々を食べる事で効果的に夏バテ防止が出来ますし。

あとは冷たいものを食べ過ぎるとお腹や胃腸の働きが鈍ったりするそうなので、そうならないように気をつけてます。

Comments are closed.